メニュー

トレーナーが勧めるトレーニング用のシューズの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov 10, 2017

Nov 10, 2017

トレーナーが勧めるトレーニング用のシューズの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

「靴ってどんなの履いたらいいの?」
「なにかオススメの靴ある?」
 
先日、お客様とこんなお話になりました。
 
靴にこだわりをもつ私は、
嬉々として靴の選び方をご紹介させていただきました。笑
 
今回はその時ご紹介したお話の内容をまとめてみました。
 

 

 

 

1.ケース別、靴の選び方!

 
ひとえに靴を選ぶと言っても様々な状況があります。
 
ランニングが目的なのか、
筋トレを頑張りたいのか、
毎日ウォーキングすることが目的なのか
 
で靴選びはだいぶ変わります。
 
そこでケース別で靴の選び方をまとめてみました。
 

1−1.「たくさん走りたい!」「これからジムデビュー!」といった方へ

 
ジム内で最もよく見かけるのはランニングシューズです。
 
これ一つでランニング、スタジオレッスン、筋トレまで、幅広く対応できます
 
また、種類もデザインも豊富なので、
オシャレに履きやすいのも特徴の一つです。
 

オシャレなウェアーやシューズはモチベーションに繋がりますし、
ランニングを楽しみたい方はもちろん、
ジムデビューの方にもランニングシューズがオススメです。
 


 

 

1−2..「筋力トレーニングを頑張りたい」といった方へ

 
運動にも慣れてきて、
本格的にトレーニングを行いたい場合はフィットネスシューズがオススメす。
 
グリップ力が高く、しっかりと踏ん張ることができます。
また、くるぶしまで覆われているので安定性が非常に高いのも特徴です。
 



 

2.シューズ選びで気をつける3つのポイント

 
次にシューズ選びで
「ここは気をつけよう!」
というポイントを挙げていきます。
 

2−1.サイズのあったものを!

 
当然ですが、サイズの合っているものを使いましょう。
 
目安は、自分の足のサイズ+1cmといわれます。
これは普段の靴のサイズではなく、実際の自分の足のサイズです。
 
どんなにデザインが気に入っていても、
大きさの合わないものは使わないようにしましょう。
 

2−2.安定性の高いものを!

 
地面へのグリップ力、足首等の安定性を重視しましょう。
怪我をしてしまっては元も子もないですからね、
運動しやすいものをえらびましょう。
 

2−3.足幅にも注意!

 
同じサイズでも、メーカーによって靴の幅がことなります。
 
例えば、私はナイキのシューズは
ほとんどが靴の幅が原因で履けません。
 
日本人は足の幅が広い人が多いので、
サイズだけで決めずに試着してみるようにしましょう。
 

 

 

3.オススメのメーカー4選

 

ミズノ

日本のスポーツブランドなだけあって、
日本人の足の形にあったものが多いと思います。
 
品質も高く、軽くて履きやすいのも特徴です。
 

アンダーアーマー

クッション性が高く、疲れづらいものが多いです。
 
また、デザインがよいものも多いです。
 

ナイキ

機能性の高いものが多いです。
 
ランニングシューズとフィットネスシューズの効果を併せ持つものも発売されています。
また、スタイリッシュでオシャレなものも多いです。
 

リーボック

リーボックを利用している方も多いように感じます。
 
足へのフィット感は抜群です。

また、お手頃な価格のものも多く、コストパフォーマンスは高いように感じます。
 


 

 

4.まとめ

あくまで運動用のシューズなので、
機能性や安定性を重視するようにしましょう。
 
ただ、最近のシューズはオシャレなものも増えてきています。
トレーニングを楽しむためにシューズ選びに
こだわってみるのもいいかもしれませんよ!
 

 

 

この記事に付けられたタグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

STUDIO店舗一覧

拡大表示

スタッフ&
パーソナルトレーナー募集!

  • 店舗マネージャー(マネージャー候補)
  • パーソナルトレーナー(有資格者)
募集要項はこちら