メニュー

O脚は習慣を変えれば治る!?O脚になってしまう原因と、治し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov 22, 2017

Nov 22, 2017

O脚は習慣を変えれば治る!?O脚になってしまう原因と、治し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぴったり両足をそろえて立ったとき、
足はくっついているのに、膝がくっつかない!

という方、多いんではないんでしょうか?
 
両膝にすきまができる脚の形、
O脚に悩む日本人女性の数はとても多く、
割合にすると8割、から9割といわれているそうです。
 
つまりO脚ではない方が貴重で珍しいんです。
 
 
だから自分だけ・・・って悩んでいる方、安心して下さい!

みんなO脚です!
 
ただ、安心して終わりじゃダメです!
 
O脚によるデメリットと問題点が多くあるんです。
 
なので今日は・・・
 

1.なぜ日本人は外国に比べてO脚が多いのか?原因は何か?
2.O脚によるデメリット

 
を解説していきます!
 
 

1.なぜ日本人は外国に比べてO脚が多いのか?原因は何か?

理由1:体が華奢 

 
欧米人と比較しても、
圧倒的にもともとの筋肉量が日本人は少ないです。
 
筋肉量が少ない分、骨格を支えるのに負担も大きく骨盤の歪みが生じやすいです。
 
骨盤が歪む→股関節が外側にずれる→骨・間接が外側に移動
→外側の筋肉が酷使→ひざ・足首が内側にねじれる
→外側の筋肉が骨を引っ張ってO脚に湾曲

という流れでO脚につながります。

 

理由2:地べたに座る習慣

 
今となってはテーブル・椅子タイプが主流ですが、
日本は昔からお座敷・正座文化でお部屋の中では地べたに座るのも多く、
女性特有のぺたんこ座りが歪みの原因となるようです。
 
ぺたんこ座りとは下記の画像のような
正座の座り方からお尻が床につくように
足をM(エム)の形になるように少し広げて崩した状態の座り方です。
  
 
ぺたんこ座りは四角い骨盤になるといわれています。
ぺたんこで座ると股関節は内側に捻じれた状態になり、
膝のお皿が左右内側に向き合った状態になります。
 
 
足は左右外側に向いた状態で、
これでは股関節に内側に捻じれる力が掛かり続ける為、
骨盤下部に外に開く力が掛かり続けます。
 
その為、骨盤の下部が開き四角い形になります。
こうなってくると、いよいよ骨盤が歪み、
 
理由1のように骨盤が歪むことでO脚につながります。
 
 
海外では土足文化で、お部屋の中では地べたに座ることが少ないのも
O脚にならない、スラッとした脚になる秘訣かもしれません。

 

2.O脚によるデメリット

 
O脚になることで起こる不調や問題点は
いっぱいありすぎますが、ここでは、5個あげます。

1. 腰痛・関節痛
2. 下半身太り
3. 冷え性
4. 不妊症
5. 疲れやすい

それぞれ原因を説明していたらとんでもなく長くなってしまうので、
5個目の疲れやすいについて解説します。
 
疲れやすいっていやですよね。
疲れやすいってのも自分では気づかない方も多いかもしれません。
 
人は痛みがあったら原因を調べたり、処置をしたりすると思うのですが、
“疲れやすい”くらいだと

最近忙しいからかな~

とかくらいで放置しがちですよね。
その原因をちょっと今日は探りましょう。

 
 

3.O脚だとなぜ疲れやすいのか?

 
O脚は前のお話の通り、骨盤の歪みなどが原因で脚が開いてしまっている状態です。
 
骨盤が歪むと下半身のバランスがずれて、
それを上半身で調節しようとするので体全体が歪んできています。
 
このように使う筋肉の個所や姿勢がアンバランスなままでいると
血行不良を引き起こし、体内の循環が著しく悪くなります。
 
 
つまり
 
“使わなくてもいい力を使ってしまい”
 
”血行不良によって疲労回復が遅れ”
 
その結果として
 
“疲れやすい体質”になってしまうということです。

この状態がO脚を治さない限り永久に続きます。

O脚って怖いですね。

 

4.O脚の改善するには?

 
そんなO脚の改善に効果的な方法は
インターネットで検索するといっぱい出てきますが、
取り入れても、座り方や立ち方が変わらなければ
O脚を矯正することは難しくなります。
 
 
骨盤を歪ませない習慣を身に着けることが大切です。
 
 
ぺたんこ座りは先ほどご説明させていただきましたが、
他にも座り方、立ち方でO脚につながるものがあります。
 
横座り(画像のように正座を少しだけ崩して,足先を左右のどちらか一方にずらすような座り方)、脚を組んで座るのもO脚の原因になります。
 
 
立ち方でいうと、いつも同じ側に重心をかけているのはよくないです。
 
カバンを肩にかけるときにいつも同じ側にしたり、
立っているときもつい片方の足に重心をかけてしまっていると、
骨盤を歪ませる原因になります。
なのでこれらの座り方・立ち方をまずやめましょう。
 
 
日ごろのクセを改善することは難しいかもしれません。
 
座り方、立ち方の習慣を変えるコツとしては、常に意識することが重要です。
 
 
歩いているとき、座っているとき、立っているときに
どういった脚の形をしているのか、
重心は偏っていないかということを常に意識するようにしましょう。
 
 
 
意識することで気に欠けるようになりますので、
今までのような骨盤の歪みを引き起こすような座り方、
立ち方をしなくなってくるはずです。
 
 
習慣が身に付くまで時間がかかるかもしれませんが、
一度習慣として見についてしまえば、
O脚になるような座り方や立ち方をしなくなるはずです。
 
 

5.まとめ


筋トレでも何でも続けることが大切です。
 
今日これを見たO脚に悩んでいる方!
とりあえず、今日一日いっぱいは立ち方、気をつけましょう!
 
1日気をつけられたら期間を少し延ばしましょう!
 
3日間気をつけられたら今度は座り方・・・
というように短い目標を立てて、少しずつ頑張りましょう!
 
 
O脚に効果的なストレッチ方法はまた次回ご紹介させていただきます。

この記事に付けられたタグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

STUDIO店舗一覧

拡大表示

スタッフ&
パーソナルトレーナー募集!

  • 店舗マネージャー(マネージャー候補)
  • パーソナルトレーナー(有資格者)
募集要項はこちら