メニュー

ジムで簡単、姿勢矯正トレーニング!!姿勢をきれいに保つ方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov 14, 2017

ジムで簡単、姿勢矯正トレーニング!!姿勢をきれいに保つ方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

鏡の前で横向きにリラックスして立ってみて下さい。

 
肩の真下に足首がありますか?
 
実は、正しい姿勢を維持するためにも
筋肉は使われているんです。

 
今回はジムでできる、
姿勢を保つ筋肉のトレーニングを紹介していきます!
 


 

1.姿勢を保つ筋肉って?

 
直立姿勢は主に三つの筋肉の働きによって支えられています。
 
1つはふくらはぎの筋肉で、
足関節の底屈という働きによって
カラダが前に倒れないように支えています
 
次に体幹
これは最近よく聞かれますね。
体幹の伸展という動きを背中の筋肉が支えています
 
3つ目は腰周り
お尻や脚の筋肉です。
股関節の角度によって姿勢が変わってきます。
 
人間は20歳をピークに筋肉は衰えていきます。
 
そのままにしていくと、これらの筋肉が弱まり、
姿勢が少しづつ崩れていきます。

 
トレーニングによって、
いつまでも美しい姿勢を手に入れましょう。
 

 

2.簡単!姿勢矯正トレーニング!

 

①ふくらはぎ

 
ふくらはぎの筋肉は、
爪先立ちの動きで鍛えることができます
 
今回はジムにある
レッグプレスというマシンを使ったトレーニングを紹介します。
 
まず、
フットプレートの下端に爪先を乗せます。
 
幅は腰幅程度に開きましょう。
 
足の場所を決めたら膝を伸ばし、
足首を曲げてふくらはぎを伸ばしていきます。
 
ふくらはぎにストレッチがかかったら足首をゆっくり伸ばし、
かかとを上げて爪先立ちになります。
 
これを10回3セット、
10回頑張ればこなせる程度の重さで行いましょう
 

②体幹

 
今回は主に背中の筋肉を鍛えていきます。
ここは背中を反らせる動きで鍛えることができます。
 
床にうつ伏せになり、
補助者に足を固定してもらいます。
 
その後、背中の中心に筋肉を集めるようなイメージで
背中を反らせていきます。
 
ジムでマシンを使う場合は、
この動きに近いマシン、
バックエクステンションを利用しましょう。
 

③腰周り

 
主にお尻や太ももの筋肉を鍛えていきます。
 
種目はスクワット
下半身強化の代表的な種目ですね。
 
足幅は肩幅程度、
爪先をやや外側に開いて立ちます。
 
背筋を伸ばしたまま、
お尻を後ろに突き出すように腰を落としていきます。
 
このとき、視線が下を向いてしまうと
背筋が丸まるので注意しましょう。
 
太ももが水平程度になるまで腰を落としたら元の姿勢に戻ります。
 

 
慣れてきたら
バーベルを担いで負荷を増やすのもオススメです。
 
基本は10回3セット、
ギリギリの重さにチャレンジしましょう。
 

 

3.まとめ

 
トレーニングによって姿勢は間違いなく改善、
そして美しくなります。
 
私がパーソナルトレーニングを担当させて頂いている
ミスユニバース出場者の方とのトレーニングは
こういったメニューを中心に行っています。
 
とても効果的ですし、
ジムでもご自宅でもできるトレーニングなので試してみて下さい!
 
 

この記事に付けられたタグ

姿勢 トレーニング方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

STUDIO店舗一覧

拡大表示

スタッフ&
パーソナルトレーナー募集!

  • 店舗マネージャー(マネージャー候補)
  • パーソナルトレーナー(有資格者)
募集要項はこちら