メニュー

「男の勲章大胸筋」を大きくするトレーニング方法!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov 10, 2017

Nov 10, 2017

「男の勲章大胸筋」を大きくするトレーニング方法!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大胸筋って大きいとカッコイイし、たくましいですよね!
 
でも、トレーニング方法がわからない...
 
最近、停滞期に入って筋肉があまり発達しない...
 
このような事ありますよね??
 
しかし、これには解決策があるのです!!
今回はその解決策をご紹介していきます!
 

1. そもそも大胸筋って鍛える意味あるの??

 
そもそも大胸筋は上腕の押し出す動作に利用する筋肉です。
 
大胸筋を鍛えることによって、大きな力を生み出します。
 
この動作だけでなく身体全体の動作を力強くし、
大胸筋を鍛えることによって、
その他の部位である、肩や腕なども平行に鍛えられます
 

大胸筋は色々な動作をする、どんな運動にも大切な筋肉なのです。
 

男性の場合は、分厚い胸板が象徴的であり、
男性としての魅力を感じさせてくれます!
 
女性の場合は、胸の張りを保つために
重要な役割をするのが大胸筋という筋肉です!
 
男性・女性関わらず、大胸筋を鍛えて損は絶対にないのです!!!!
 

 

2.オススメの大胸筋の鍛え方+停滞期打破方法

 

それでは分厚い胸板を作れるトレーニングを
ご紹介していきたいと思います!
 

2−1.ベンチプレス

 
恐らく人気No.1の種目でしょう!
 
たしかにベンチプレスは良い種目ですね。
大胸筋とともに三角筋・上腕三頭筋も鍛えることが出来ます。
 
最初は大胸筋に限らず、背中を除けばこの種目だけでも良いくらいです!
 
よくある間違えは、
バーを胸にバウンドさせ反動を使って上げています。
 
バーをバウンドさせてしまう原因は、
バーを下げるスピードが速すぎるからですよね?
 
もしも、ゆっくりコントロールするのが難しいのであれば
重量を下げるのをオススメします。
 
そしてバーを下げたとき一旦静止するのも、
反動を生まれるのを抑える事になりオススメです!
 
この種目をしっかりとしたフォームで
ある程度の重量が扱えるようになれば、身体にも変化が現れてきます。
 

2−2.インクラインプレス

 
通常のベンチプレスで鍛えられる部分は大胸筋の中部・下部になります。
 
ただし、カッコイイ大胸筋を作る為には
ベンチプレス+大胸筋上部も鍛えなければなりません
 
大胸筋の中部・下部は胸骨に付いてますが、
上部は鎖骨に付いていますので、筋肉の方向的には斜めに走っています。
 
この大胸筋上部を鍛える種目は「インクラインプレス」になります。

最初は軌道を安定させるのが難しい為、 
スミスマシンを使用することをオススメします!
 
頭が上に来るように身体を斜めにする
インクラインベンチを利用して行いましょう。
 

通常のベンチプレスよりは扱う重量が軽くなります!
  
 

2−3.停滞期打破方法

 
基本的にはバーベルorダンベルベンチプレス、
胸の上部であればインクラインプレスを主軸に
扱える重量を伸ばしていく形になります。
 
ただ、ここで問題が出てきます。
 
普通にプレスで限界を迎えても、
それはターゲットの大胸筋の限界ではありません
 
大体の方は腕が辛くなってきて挙がらなくなり、
大胸筋は追い込みきれていない状態です。
 
これは大胸筋よりも上腕三頭筋のほうが
筋肉量としては少ないので先に疲労してしまう為です。
 
ですが、これを打破する方法があります。
 

2−4.プレ・イグゾースト法(予備疲労法)

 

プレ・イグゾースト法(予備疲労法)のやり方を説明します。
 
あらかじめプレスの種目を行う前にフライを限界まで行います
それからプレス種目を行います。
 
先に大胸筋をフライで追い込んでいますので、
この状態でプレスを行うと、上腕三頭筋が疲労すると
同時に大胸筋もしっかりと追い込む事が出来ます。
 
これは非常にオススメですので
胸の発達が停滞を迎えている方は是非、お試し下さい!!
 

 

3.まとめ

 
いかがだったでしょうか?
 
明日からのトレーニング方法は見つかりましたか?
 
胸だけでも上部・中部・下部と分かれていて、
トレーニング方法も違うので大変ですよね。
 
ですが、地道に行っていけばカッコイイ、
たくましい大胸筋があなたを待っていますよ!
 
これから一緒に頑張りましょう!! 
 

 

この記事に付けられたタグ

大胸筋
このエントリーをはてなブックマークに追加

STUDIO店舗一覧

拡大表示

スタッフ&
パーソナルトレーナー募集!

  • 店舗マネージャー(マネージャー候補)
  • パーソナルトレーナー(有資格者)
募集要項はこちら