メニュー

理想的な食事のバランスの比率を解説!筋トレもダイエットもまずは食事から!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Oct 19, 2017

Oct 19, 2017

理想的な食事のバランスの比率を解説!筋トレもダイエットもまずは食事から!

このエントリーをはてなブックマークに追加

バランスのいい食事の組み合わせを考える事は、筋トレをする上でもダイエットをする上でも大切です。

今回の記事では、バランスの良い食事の基礎の基礎をお伝えします。

0.バランスの良い食事のたった2つの基礎

まずはこの2つから意識し始めると、
身体に良い食生活を送ることができます。

1.主菜、副菜1、副菜
2、主食 が揃っていること
2.食事の組み合わせのルール を守ること

この2つについて説明します。

 

1.主菜、副菜1、副菜2、主食 のバランスを大切に!

小学校の家庭科の授業でも勉強したとは思いますが、改めて復習しましょう!笑


主菜・・・肉、魚、卵、大豆および大豆製品など。たんぱく質が主材料で、献立の中心となるおかずです。
 
副菜1・・・野菜、いも、豆類(大豆を除く)、きのこ、海苔など。ビタミン、ミネラル、食物繊維 の補給源です。
 
副菜2・・・具だくさんの汁物、主菜の付けあわせなどでもう1品の副菜です。
 
主食・・・ご飯、パン、パスタ、うどん、そばなど。炭水化物でエネルギー源になります。

バランスのよい食事とは この4点が揃っていることです。
 

例えばコンビニ弁当だけで食事を済ますと、主食と、主菜は取れるけど副菜が全然とれなかったりします。

逆に、最近は糖質制限などが流行っていますが、そうなると主食が減ってバランスは悪くなり下手をすると体調を崩しかねません。

※ちなみに牛乳・乳製品、果物 は間食事も加え、1日に2回はとりたい1品になります。

 

2.食事の組み合わせのルール を守ること 
2−1.主食・主菜・副菜を組み合わせる

適量を守ってバランスよくとりましょう!

例:主菜が二つはダメ!
 

2−2. 同じ調理法を重ねない

主菜が油を使った料理ならば、副菜はさっぱりしたものに。
例:揚げ物+揚げ物×
 

2−3.主材料を重ねない

主菜では、卵、魚、肉、大豆類のローテーションを工夫しましょう。
例:コロッケ+ポテトサラダ×
 
 

3.まとめ

今回は 基本的な 主菜、副菜1、副菜2、主食 の説明と

必ず守っていただきたい3つのルールについて紹介しました。

今回お伝えしたことを覚えて、実行してもらえばバランスのよい食生活をマスター出来ます!! 健康な食事を目指して頑張っていきましょう!! 

 
 

この記事に付けられたタグ

食事
このエントリーをはてなブックマークに追加

STUDIO店舗一覧

拡大表示

スタッフ&
パーソナルトレーナー募集!

  • 店舗マネージャー(マネージャー候補)
  • パーソナルトレーナー(有資格者)
募集要項はこちら